GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< 地上最強の美女軍団(映画) | main | サラリーマン金太郎 #17(アニメ) >>
少林サッカー(映画)
★★★★★(10/21正午まで)

少林サッカー

香港で公開後すぐに歴代興行成績No.1! チャウ・シンチー監督のナンセンスコメディ&本格アクションが大爆発のサッカー・エンターテイメントです!! 少林寺拳法とサッカーという想定外の組み合わせ、大袈裟すぎるワイヤーアクション、サッカーボールが炎の球になるなどの過剰演出…スタッフもキャストも至極マジメに取り組んでいるからこそ、抱腹絶倒の面白さ。ヒロイン役のヴィッキー・チャオは中華圏では歌手としても大人気です。


 この映画を見るのは、実は今回で三回目。1回目はわざわざ映画館まで行って見に行ったっけなあ(このときは字幕)。2回目はフジテレビかなんかの地上波放送で(吹き替え放送)。そして今回久しぶりに三回目の視聴となったわけですが…いやあ、この映画は何度見ても面白いです。特に面白かったのは…。

●饅頭屋でのダンスというか演舞シーン。歌や踊りを聞いてみんなに眠っていた向かいの情熱がよみがえって、みんなでいっせいに演舞…カコ(・∀・)イイ!!

●練習試合での対戦チームの暴力が容赦なくて(・∀・)イイ!! 梅さんがサッカー漫画描いたらこういうやつらが出てきそうだ(w でもなんか最後には俺たちもチームに入れてくださいみたいな友情展開になってるのが非常にジャンプイズムでした。

●そして一番の見所はやっぱり試合シーン!!「キャプテン翼」ファンの人は特に必見です。オマージュされたシーンがいっぱいです。タイガーショットとか、明和スライディング部隊とか、デビルチームのGKがまんまミューラーだったりとか…。知ってる人はさらに楽しめますよん。
 そういえばこの映画を元にして香港で放送されてた「カンフーサッカー」の主題歌は、「キャプ翼」の主題歌だった「燃えてヒーロー」の中国語バージョンだったっけかねえ。

 でもただのトンデモサッカー映画ではなく、ラブコメ要素もあったり、挫折や苦労もしっかり書かれていたりで、エンターテインメント的なものは充分詰まっております。コイツは本物です。
 チャウ・シンチー監督にはぜひとも次回作として、「少林テニス」なるものを作ってほしいものです。分身したり、指が六本になったりとか、隕石に飛び移りながらショット撃ったりとか…。そういうものを作ってくれるものと信じて疑わないのです。


DVD:「少林サッカー」 / 「食神」(人が空を飛ぶ料理映画⇒レビュー) / 「カンフーハッスル」 / 「喜劇王」
| ktozawa | 映画 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/72488
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ