GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< マッハ!(映画) | main | サラリーマン金太郎 #04(アニメ) >>
ブラッディ・マロリー(映画)
★★★★☆(10/1正午まで)

素晴らしい。完全に脳内世界に引きこもって生み出されたに違いないコミック・ホラー。ゴシック・ホラーと呼びたくなるような美しい映像が随所にみられるが、それでもどこかポップなところがこの作品の持ち味だ。

まずは、例によってGyaOの紹介文を引用。

悪魔退治を専門とする個性派集団が悪の教団へ戦いを挑む姿を、スピード感溢れる展開で描いたSFアクション・ホラー。本作が初メガホンとなるジュリアン・マニア監督は日本のマンガに傾倒しており、その影響が色濃い作品です。音楽でも「攻殻機動隊」「パトレイバー」など、数多くのアニメでスコアを手掛けてきた川井憲次を起用する徹底ぶり。

マロリーは新婚初夜、突然吸血鬼に変貌した夫に襲われるが、逆に夫を斧で殺害する。悪魔の返り血を浴びた彼女は、一生悪と戦う運命を背負うことになった。数年後、真っ赤な髪をトレードマークとする無敵の女戦士へと大変身を遂げた彼女は、悪の教団に立ち向かい…。

ふむ。ジュリアン・マニア監督の、その名に恥じない見事なマニアぶりが際立つ快作といったところか。コミックを実写化しようとしているという意味では、もしかするとシン・シティに近いのかも知れない。

この作品がフランス映画だということにも、ある種の運命的な必然性を感じる。憎めないイケメンの俳優。既に定番になりつつあるような気もする個性的なオカマ。ストリートファイターもどきのアクション。そしてレトロな響きのフランス語。最近増えてきた(というより、完全に量産体制)コミカルなフランス節と、監督の脳内妄想が見事に融和している。ティム・バートンほどの美意識が感じられないところも、この作品の場合は逆に安心感に繋がっている。

たった、一時間半だ。たとえ気に食わなくてもそれほど損害は無いのだから、騙されたと思って観てみなさい。

DVD:「ブラッディ・マロリーデラックス版」
CD:「オリジナル・サウンドトラック『ブラッディ・マロリー』」 / 「イノセンス オリジナル・サウンドトラック」(川井憲次作品)
| thinkingreed | 映画 | 00:17 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/32541
もし、あなたが自信を失っていても、あっと言う間に自身を取り戻せます。
~大人のための催眠術決定版!!~はじめまして、催眠術師のコーヒーポットと申します。先日、15~6人の飲み会で、「催眠が出来る人」と紹介され、いつものように、初めての女性、数人に、催眠を掛けて欲しいと言い寄って来られちゃいました。 催眠のサワリぐらいの事をや
| 大人のための催眠術!あなたも変わる!相手も変わる!自分や周りをコントロールしたい大人のための催眠術 | 2007/01/30 2:54 AM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ