GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< マレフィク 呪われた監獄(映画) | main | ロードス島戦記#1−4(9CH >>
ルー・リード ライヴ1983(3ch)
★★★★☆


そんな素敵なテンパ(天使のパーマ)なルーが最高です。

ルー・リードと云うとお馴染みが浅い方が多いかと思いますが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのヴォーカルをやっていた人です。

更にヴェルヴェット・アンダーグラウンドに御馴染みが浅い方も多いかと思いますが、60年代のアメリカでポップカルチャー花盛りな頃に、ピンク・フロイドとかその辺りと一緒にデヴューしたバンドで、かのアンディ・ウォーホルがプロデュースしたことで有名です。
ヴェルベット・アンダーグランド&ニコ名義で発売した1枚目のバナナが一本だけ描かれたジャケットは皆さんも何処かで見たことがあるかと思います。
(因みに、武富士かなにかのCMでふかわりょうが着ていました)


ライヴ自体は特に盛り上がりもなく淡々と進んでいきます。
ぶっちゃけどの曲もほとんど同じに聴こえます。

でも、なんだかいいんですよね、ルー。
ダラダラ呑みながら何となく観ている分にはとても良いライヴです。


まぁ、ハッキリ云って若い男は見ないほうが得策。んー、女性もよしておいたほうがいい。
だが、オヤジだけは観てくれよな。


そんなライヴ映像です。
| katyou | 音楽 | 02:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/322814
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ