GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< スピードグラファー #11(アニメ) | main | サラリーマン金太郎 #03(アニメ) >>
ファースケープseason2 #14(ドラマ)
★★★☆☆(10/1正午まで)

恐らくかなりの割合で存在しているはずの、「取り敢えず宇宙船が出て来ないと始まらない人々」にオススメしたい。ただし、もしかすると純粋なトレッキーは拒否反応を示す可能性があるので、あらかじめ指摘しておく。

まずはGyaOの紹介文から。

ジム・ヘンソンズ・クリーチャー・ショップによる、各エピソードに登場する独創的なキャラクターも、さらにスケールアップ!! 愛らしかったり、憎たらしかったり、キャラを見ているだけでも十分楽しめます。その上、ピースキーパーの追撃も厳しさを増すばかり。モヤとクルーたち、そしてモヤの子テランの運命は…? また、ジョンとエアリンは…!? それぞれの家へ帰る道を探し続けるクルーたちは、今回も未知の惑星に降り立つ!

このシリーズの魅力は、所謂「宇宙もの」の醍醐味を堪能できるところにある。多彩で個性豊かなキャラクターや、斬新なメカニックデザインなどは、日常に磨耗していく冒険心を再び奮い立たせるに十分だ。主人公のジョンが妙に気が多くて、なにかと女性とからむのがビバヒルみたいでウザイと言えばウザイのだが、まあこの際目をつぶってしまおう。これはセカンド・シーズンなので、出来れば現在GyaOでアンコール公開中のファースト・シーズンからご覧になることをお勧めする。

今回は、正体不明の寄生虫と戦うというエピソード。寄生虫を狩らせる目的で連れてこられた奇妙な生物ヴォルクの活躍に、最後には少しホロリとさせられる。どうやらジョンとスコーピアスの戦いもまだまだ続きそうだ。テランとクライスの行方も未だ不明だし、この先も目が離せない!

DVD:「FARSCAPE-宇宙からの帰還」 / 「Farscape[IMPORT]」(海外版)
CD:「Farscape: The Peacekeeper Wars」
洋書:「The Farscape Episode Guide for Season One」
| thinkingreed | ドラマ | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/30852
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ