GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< グラップラー刃牙 #09 (アニメ) | main | グラップラー刃牙 #10(アニメ) >>
グラップラー刃牙 #10 (アニメ)
★★★★☆ (3/20正午まで)

グラップラー刃牙 #10 (アニメ)


「第10話 戦場」


男と生まれたからには
誰でも一生のうち一度は夢見る
「地上最強の男」
「グラップラー」とは
「地上最強の男」をめざす
格闘士のことである!



 北海道の密林。とんでもなく強い5人組の軍隊がいる場所へと到着したので、パラシュートをつけて下りろと刃牙に命令するキャプテン・ストライダム。


「100個に1つぐらいは開かないやつもあるらしいがな」

そりゃねえぜおっちゃん!こういわれた時の「おいおいそりゃないぜ」と言わんばかりの刃牙のしらけきったツラが妙に笑えます。


 それでも下りないことには戦えないので、覚悟を決めてダイブ!!着いたそうそういきなり5人組から洗礼を受け、あっさりロープで木にくくりつけられて、捕らえられてしまいました。なんか今すぐにもぶっ殺されそうな感じだったんですが、「ほかにまだ誰か仲間がいるかもしれない」と軍人さんたちが勘違いしてくれたおかげで、とりあえずその場で殺されることはなくなりました。


 その夜。刃牙はロープをあっさり抜け出し、急所マニアのナイフ使いと、なんか図体のでかい大男をあっさりと撃破。倒された彼らが仲良く穴に埋められているのがなんか滑稽で妙に笑えます。


 その頃、キャプテン・ストライダムはサーと名乗る偉そうな軍人との酒の席で、あの五人組の中に「ガイア」という、「オーガ」(勇次郎)に匹敵するとんでもない軍人がいることを聞かされ、やっちまった…。と刃牙を戦場に送り出してしまった早まった行為を後悔するキャプテン・ストライダムでした。

そりゃねえぜおっちゃん!まあもう遅いけど(w


 そんなことなど露知らず、刃牙は立ちションをしてた衛生兵の野村を奇襲して何なく撃破。翌朝、二人がかりで襲いかかってきた一卵性双生児の双子の軍人(かたっぽが熊の中から奇襲をかけてくるのがなんとも滑稽です)も難なく撃破。まあ双子が二人がかりで襲ってきても、今のマンガ界じゃ分身する中学生テニヌプレイヤーがいるくらいですから、そんなにたいしたことじゃありませんよね(w


こうして5人をあっという間にぶちのめした刃牙。するとそのうちの一人・衛生兵の野村が「アドレナリンの臭いがするよッッ」などと謎のセリフをのたまいながら、なんか豹変しそうな勢いに。
そっか、コイツがガイアなんだっけ。今思い出したよ。


というところで、つづく。

 ちなみに、今回の話の戦いの中では、刃牙の表情というか目が終始イッちゃった人みたいな、ヤバイ目つきで戦っているのが、「戦場」の恐ろしさに一役買っているようないないような(w


DVD:「グラップラー刃牙 VOL.1」 / 「グラップラー刃牙-最大トーナメント編- VOL.1」
書籍:「グラップラー刃牙」 / 「板垣恵介の格闘士列伝」
CD:「グラップラー刃牙 オリジナル・サウンドトラック」 / 「Reborn グラップラー刃牙エンディングテーマ」
ゲーム:「グラップラー刃牙〜バキ最強列伝〜」
| ktozawa | アニメ | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/264585
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ