GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< ダック引越劇場 #1(ドラマ) | main | モリー先生との火曜日(映画) >>
釣りビジョン AREA FISHING in WINTER(ライフ&カルチャー)
★★★☆☆

厳冬の管理釣り場をフライで攻略する方法を、杉坂隆久が伝授。僕は、フライフィッシングはぜーんぜんダメなのだが、いつか真剣に挑戦してみたいと思っている。なんと言ってもフライの釣りは芸術的なのだ。技術的な難しさもさることながら、ラインが見事な曲線を描くキャスティングの美しさは、ちょっと他の釣りにはない魅力だ。実際、映画「リバー・ランズ・スルー・イット」を観て、フライフィッシングのあまりの美しさに感動を覚えた人も少なくないのではないだろうか。

フライフィッシングは、技術的に敷居の高い釣りとして知られているが、この番組を見るかぎり、管理釣り場でのサイトフィッシング(実際に魚の姿を目で確認しながらする釣り)であれば、それほどでもなさそうな印象を受けた。しかし、いかに管理釣り場とはいえ、ロングキャストはやはりなかなか難しそうだ。

バスにもろくに行けていない現状では、一体いつになるか分からないが、それでもフライにはいつか挑戦してみようと思う。そのためにも、フライフィッシングの番組をもっとGyaOが放送してくれることを願うばかりである(笑)

※タックルのデータはこちらを参照のこと。


DVD:「リバー・ランズ・スルー・イット」
書籍:「シーズナブルフライパターン 初夏編」 / 「シーズナブル・フライ・パターン 盛夏・秋編」 / 「シーズナブル・フライ・パターン 解禁・春編」 / 「フェバリットフライタイイング」 / 「フライフィッシング・マニュアル―Dear Mind Fly Fishing」
| thinkingreed | ライフ&カルチャー | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/230984
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ