GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< YES「SYMPHONIC LIVE」 | main | 柳生一族の陰謀(映画) >>
GyaO アーティストセレクション 中島みゆき(音楽)
★★★★★(3/13正午まで)

何かを表現する方法は、世の中にたくさんある。演劇、小説、詩、彫刻、絵画。そして歌うこと。表現方法としてそこから何が選択されるかは、もちろん偶然ではない。表現そのものと表現する方法の間には、常に有機的な繋がりがあるものだ。

中島みゆきの音楽には、特にそのことを強く感じさせられる。彼女はシンガーソングライターだから、なおさらなのかも知れない。歌詞と曲と歌。このトリニティは、どのような形にしろ、彼女そのものであるに違いない。だから彼女の音楽には、それを別の言葉で語りなおすことを許さない必然性がある気がするのだ。

私の歌は歌で聴け。他の言葉で語れないから、私は歌うのだから。

この鋭さが、彼女の音楽について何か書くことに対して、僕を尻込みさせるのだ。そして、“歌える人間”に対する、僕の嫉妬にも近い憧れを掻き立てるのだ。

中島みゆき。今も昔もこれからも、きっとこの人は僕にとって特別であり続けるだろう。


CD:「転生」 / 「Singles 2000」 / 「大吟醸」
DVD:「中島みゆきライヴ!」 / 「夜会 VOL.13 24時着 0時発」
書籍:「中島みゆき最新歌集 1987~2003」 / 「2/2」(小説も書いてます) / 「もっぷでやんす」(絵本も書いてます)
| thinkingreed | 音楽 | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/02/20 1:17 PM |










http://gyaoblog.cagami.net/trackback/228678
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ