GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< エリア88 #11-12(アニメ) | main | スーパーフィッシング グランダー武蔵 #21(アニメ) >>
魔法の天使クリィミーマミ #17(アニメ)
★★★★☆(1/25正午まで)

1983年7月から日本テレビ系列で全52話放映されていた魔法少女シリーズの一作目。
全話を追っていくのはちょっと無理なので、未だに覚えている思い出の回を時々取り上げて行こうと思います。

この回は、魔法シリーズとは言え、救われない話だったような覚えがあって、恐る恐る視聴してみました。


一週間前に出された宿題の絵が上手く描けない優は、俊夫の友達のみどりからと幸福の森へ行けば上手に描けるようになると言われ、3人で出かけます。その森は天才少女画家の中原美也が行方不明になった森でした。優は、美也ちゃんはここにいるんだ、と辺りを探索し始めます。

すると突然ユニコーンが現れます…って、オイ!唐突だな!

ユニコーンが走っていくのを追いかけて優は木の洞から異世界に迷い込みます。
美也と出会い、お父さんたちが心配しているから一緒に帰ろう、と諭し、ユニコーンにばれないように逃げる2人だが、ユニコーンに見つかってしまいましたー…


聖闘士星矢を髣髴とさせる1コマ。

美也の寿命は14歳の誕生日までだ、だから時の止まっているこの森へ連れて来た」
そういう言うユニコーンに
「それでも人間は人間の住むところに帰った方がいいのよ!」
とマミは主張。
「バカな!この森から出たら美也は死んでしまうんだぞ!」
しかしマミは、
私が魔法でどうにかするもん!

ちょっ…!それでいいのか!
どうにかならなかったらそれ、殺人じゃ…!

あの木の洞を目指して走るマミと美也。
しかし、ユニコーンにマミだけ元の世界へと弾き飛ばされる。
目が覚めると変身が解けて優に戻っていた。
優は美也が描いてくれたスケッチブックを胸に抱いて、
「美也ちゃんはユニコーンの世界で生まれ変わったんだよ。きっと。幸せに暮らしていくよね」


元気で暮らしてください。

えええええー!?
優の主張が変わった!!
生まれ変わったって、やっぱり亡き者にするのかよ!


いや、まぁ、相変わらず、優(マミ)のポジティブぶりが発揮されまくってます。
ぽんぽんと進むスト−リー展開は、突っ込みどころも忘れずに爽快です。
あえて突っ込まずにいましたが、優の中の人は歌はどうであれ、セリフ棒読みなのは味ですよね…。
やっぱり小さかった頃に思っていた感想はそのままだったのかなぁ、と。
無理矢理明るい終わり方に仕上げているのはわかりましたが、泣き顔を見せるぐらいの切ない終わり方にしても良かったんじゃないかと思いました。
美也ちゃん救われないなぁー…

と言う所で終了。


DVD:「魔法の天使クリィミーマミ コレクションBOX」
CD:「魔法の天使クリィミーマミ」 / 「「魔法の天使クリィミーマミ」ロング・グッドバイ」 / 「魔法の天使クリィミーマミ ソングブック カーテンコール」
書籍:「クリィミーマミ」 / 「Creamy Mami Memories of Magical World―高田明美画集」
| satoichi | アニメ | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/219381
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ