GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< タイムボカン王道復古 #1(アニメ) | main | タイムボカン王道復古 #2(アニメ) >>
将軍家光の乱心 激突(映画)
★★★★★(2/1まで)

 パーフェクト。素晴らしいです。簡単に言うと、徳川家光が乱心して実子を殺そうと変態的な刺客を差し向けてくるので、子供を守りながら江戸までいくぞ、っていうお話。何がいいって、まず敵味方がはっきりしてて、双方の目的もシンプルだから、派手なアクションシーンを純粋に楽しめるのがグッド。流星胡蝶剣も同じ方向性で面白かったけど、あれは誰が誰だか分からなくて理解に困ったからなあ。

 んで、主人公たちは追っ手を振り払いながら江戸へ向かうのだけど、見つからないためには、どうしても山道とか悪路を通るしかないわけです。その悪路が、急斜面とか渓谷のロープ渡りとか、ファイト一発と叫びそうな路程の連続です。アクションシーンも無駄にカンフーと火薬が多いです。

 でも、この作品のハイライトは中盤、アルフィーの挿入歌が挟まるところ。鳥取砂丘をバックに騎馬の侍たちが大群をなしてチェイスするんですが、そのときに高見沢さんのハイトーンシャウトや、エレキギターがピロピロピロピロ鳴ってるんです。これがホントにすごくシュール。自分が何の映画を見てるのか分からなくなってきますよ。でも、この時代錯誤チックな演出、絶対狙ってやってるよなあ。この映画は全体的に相当のお金を使ってて、それがいちいち巧く機能してるのですごく上手いのです。監督は何気にぽっぽやの監督ですしね。

 あと、戦闘シーンは火薬やカンフーの大盤振る舞いでケレン味たっぷりなのだけど、その一方で時代劇なところは結構ちゃんと時代劇やってるのも好感。松方弘樹は元気が出るテレビで泣いてるイメージしかなかったけど、時代劇やらせたらすごく上手いんだなあ。それと、家光を演じる京本政樹の乱心っぷりは百点満点でした。一目見た瞬間「この家光はヤバイ」って思ったもん。


DVD:「将軍家光の乱心 激突」 / 「鉄道員」 / 「魔界転生」(千葉真一、緒方拳が善悪逆の立場で出てるアクション時代劇)
CD:「DNA-Communication-」(アルフィーの歌ってるED曲を収録したアルバム)
| cagami01 | 映画 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

このページの先頭へ