GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< スーパーフィッシング グランダー武蔵 #14(アニメ) | main | エリア88 #5-6(アニメ) >>
アメリ(映画)
★★★★★(12月26日まで)

どうしたって、スクリーンで観るべきだった。僕はこれまで、沢山のスクリーンで観るべき作品を観逃して後悔してきたけれど、この作品も、僕の後悔作品のリスト入りだ。

色鮮やかなモンマルトル、控え目だけれど美しい音楽、それぞれがそれぞれに一生懸命生きる魅力的な人々。そして何よりも、優しくて温かい愛の物語。ジャン=ピエール・ジュネはデリカテッセンしか知らなかったけれど、こういう作品も撮れるのか。観終わってみれば、なるほど映像センスはどこか相通ずるものがあるような気もするけれど。。。

驚くべきことにこの作品は、シーン毎の構図から全体の展開に至るまで、どうやら完璧に計算されて作り込まれているようだ。同時進行する幾つかのストーリーは全て破綻なく結びつき、重なり合い、浜辺によせる波のように繰り返し始まり、そして順番に完結する。どこを切っても独立したシーンなど存在せず、全てが全体の一コマとして息づいている。驚くべきことに、と書いたのは、この幾何学的美しさを持つ作品の紡ぐ物語が、実際はあまりにも感覚的だからだ。この作品が感動を呼ぶのは、この感覚的な部分が心をくすぐるからであり、この作品に哲学的な小難しさがないのは、幾何学的な展開が実にすっきりとシンプルだからだろう。

それにしても、この作品は世の夢想家に余計な安心感と期待感を与えたやも知れない。ビデオ屋さんのセクシーな女店員曰く、「夢想家ってモテないのね。」その通り。でも、いいさ。だって、僕らにもいつかアメリが現れる(かも知れない)のだから。


DVD:「アメリ」 / 「デリカテッセン」
CD:「アメリ」
書籍:「アメリ」 / 「アメリのしあわせアルバム」
| thinkingreed | 映画 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/196686
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

このページの先頭へ