GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< スーパーフィッシング グランダー武蔵 #9(アニメ) | main | あかほり外道アワー らぶげ #7(アニメ) >>
スーパーフィッシング グランダー武蔵 #8(アニメ)
★★★★★(視聴終了)

実は今日までの視聴期間だったのでした…orz


「ついに武蔵を手に入れた」
という九鬼様の発言から始まる変態的な本編です。

早速、練習場に行きたいとせがむ主人公。九鬼様は誘導してくださるのですが…、

その連れ去り方がなんかちょっと!
そういや、#6でもいたいけな釣り少年の肩を抱いて釣りをレクチャーしてました。

そうして、トレーニングが始まった主人公ですが、変態特訓が続きます。
そんな様子を盗撮もされる。

開始早々変なよろいを着せられ、少しでもフォームに余分な力がかかる部位があれば、電撃
さらに、キャスティングミスをすると、

背後から針が。
それを見ても、
池に落ちればいいだけじゃーん
と、余裕たっぷりな主人公でしたが、

池も割れます。

ものすごい規模の施設です!

そもそも可笑しすぎてどれが正常なのかがわからなくなってきたストーリー展開に悶絶です。

ちなみに、訓練中の九鬼様の武蔵LOVEエール

「上手いぞ武蔵くん!今のは素晴らしかったぞ!」
「いーいぞ!武蔵くん!!君は一流だ!誰にも負けないナンバーワンだ!」

そんな言葉にすっかり乗せられる主人公。
ナンバーワン…ナンバーワン…と呟いたりします。

その血筋だけの釣りの超能力でなんとかミッションをクリアしていく主人公。
そんな中、主人公と同い年くらいの少女が現れます。
BBちゃん。彼女が来るとチャイニーズな音楽が流れます。

どうやら彼女は九鬼様の同僚だったらしく、闇四天王の一人のようです。

彼女に負けた主人公は往生際悪く戦いを挑みます。
しかし、彼女のように変態奥義のない主人公は上手く振れません。
そこで主人公は、思いつきで新技を開発します。
↓これ。

ロッドを回転させて、竜巻のような状態で的まで進ませるという技なのですが、漂着したと思ったらポイッピング。途中の障害物である木々をぶち折って直進です。

まさになんでもありの変態競技になってまいりました!

このおかしいとは思うけれどみんながおかしいのでどれが標準なのかがわからなくなるこの競技も、まー王道で、主人公が勝ちました(あっさり)

すると九鬼様。

「おめでとう武蔵くん!君の勝ちだ!すごいぞぉ!君が真のチャンピオンだ!」

思いのままに雄たけびます。

何か聞いた事がある言い方だなぁ、と思ったらミスター味っ子の味王様が「うーまーいーぞー!」と叫ぶ所に似てんだな、と。
味っ子といえば、ブラボーおじさんのブラボー三段活用も忘れてはなりませんね。

…本編へ戻ります。

でもしかし、主人公は
「僕はキャスティングの勉強がしたかっただけなんだ。人を倒したいなんて思ってない!」
と叫んで終了。

いや、そもそも知らないおじさんについていった君に問題があるのでは?


ちなみに、歌がありました。

シャドーグランダー〜四天王のテーマ〜(抜粋)

Don't feel sympathy,forget tenderness
Don't feel sympathy,forget tenderness

眠ってる闘争心を 操ってなにが悪い
アキレス腱などない 完全無欠の技
今すぐに授けてやる

怖いものなどない 最強のトーナメンター
決して手放さない 永遠のマリオネット


との事ですが、英語が訳せなかったのでEXCITE翻訳にかけてみると…

同情しないでください、そして、柔らかさを忘れてください」

直訳ってスゲェなぁ!
と言う事で、次回に続く!


漫画:「グランダー武蔵」 / 「ベイブレード―爆転SHOOT」 / 「爆走兄弟レッツ&ゴー!! 」
ビデオ:「スーパーフィッシング「グランダー武蔵」」
ゲーム:「グランダー武蔵RV」
CD:「「グランダー武蔵」スーパーフィッシング~ソング・コレクション」
| satoichi | アニメ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/180126
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

このページの先頭へ