GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< コンコンジャンプ「ラッキー/一人は二人で2倍とはんぶんこ」(音楽) | main | 恐怖のタランチュラ(映画) >>
GRATEFUL DEAD「ANTHEM TO BEAUTY」(音楽)
★★★★★(1/1まで)

 名前は有名だけど曲を聴いたことないアーティストはとりあえずタダで見て(聴いて)おきたいもの。というわけで、グレイトフル・デッドも僕にはそんなバンドでした。ライブ映像ならともかく、好きでもないバンドのドキュメンタリーなんて見て面白いのかと疑問でした。

 が、しかし、これはいい。単に楽曲が僕好みというのはあると思うけど。後半のアコースティックな楽曲はともかく、前半の実験的なサウンドはかなりヒット。今すぐCD手に入れたい気分。ドキュメンタリーなので、コメントの合間合間にしか曲が聴けないってのはネックだけど、コメントも面白い。当時の彼らはヒッピーで無駄に反抗的で、何だかパンクな感じでした。

パンク−バイオレンス+ドラッグ=グレイトフル・デッド

 ってな感じかな。例えばレコード会社に「もっと短い曲を作れ」って言われてるのに長い曲をレコーディングして、途中でメンバーが「長い!もういやだ!」と叫んだり。曲作りもライブテイクを4つミックスするとか、訳分からんことやってます。あと、やたらLSDを称揚してたりね。元々LSDパーティーのために演奏してた人たちだし。

 (個人的には)曲も気に入ったし、彼らのひねくれた姿勢も好きだし、良かったですよ、この番組。


関連商品:今回の番組タイトルでもある「太陽の讃歌」(ANTHEM TO BEAUTY)に、劇中でも触れられてる「ライブ録音とスタジオ録音のミックス」などが用いられてる模様。このアルバム欲しい。「ワーキングマンズ・デッド」「アメリカン・ビューティ」でアコースティック路線へ。こっちは僕はあんまり興味を惹かれない。書籍だと「スケルトン・キー―グレイトフル・デッド辞典」という大層なガイドブックが出てるっぽい。


| cagami01 | 音楽 | 23:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/06/21 7:38 PM |










http://gyaoblog.cagami.net/trackback/178160
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ