GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< ハッスルマニア 2005 第4ハッスル ハッスル仮面 レッド/ハッスル仮面 ブルー/ライオセイザー vs ザ・ネオ・デビル・ピエロ1号/ザ・デビル・ピエロ2号/ジャスティライザーグレン(スポーツ) | main | シャドウ・ビルダー(映画) >>
スーパーフィッシンググランダー武蔵 #06(アニメ)
★★★★☆(12/2まで)

気がついたら、視聴が今日までだった罠…orz
オススメですので早めにご覧ください。

まぁ、6話からの視聴と言う事で視聴する前にアニメの下調べをしていたところ、

バス釣りに対する反対論者も多いにかかわらず「今人気だから」という理由だけでやってた問題アニメ。

とか言う書き込みを見つけて生温い気分になりながら、日本アニメーションの公式サイトにてあらすじを拝見しました。

◆ ストーリー紹介
「ミニ4駆のコースもない、ゲーセンもコンビニもない田舎なんか、いやだ!!」。
3年前に母が失踪して以来、兄弟のような付き合いの父親と二人で暮らしていたが、 父の仕事の都合で、そんな山奥の村に引っ越すことになった主人公の名は”風間武蔵”。
 引っ越し早々、ご飯を炊くために、水道がないので川へ水をくみにいった武蔵が見た ものは、「白い霧を引き裂き、唸りを上げて水面すれすれに飛んできた弾丸のような物。 そして、炸裂した水面から水を割って跳ね上がる巨大な生き物のシルエット!」。不思 議なことに、武蔵が昼間夢の中で見た赤い目をした”ヤツ”だ。それはまさしく「段々 留まりの主と呼ばれるブラックバス」だった。(後略)

「ミニ4駆のコースもない、ゲーセンもコンビニもない田舎なんか、いやだ!!」
子供理論とは言え、すげぇ嫌な感じの主人公じゃ?
てか、いつの時代でも、コロコロと言えばミニ四駆ミニ四駆と言えばコロコロ、と言う方程式が私の頭の中にあるんですが、最初の一言はコミックス版を連載していたコロコロさんへの布石でしょうか。
コロコロと言えば、ライバル誌だと認識していたボンボンで連載していたドテラマンが大好きでした。
USEN様、ここは一つご検討を…
…はい、脱線です。
前置きだけが長いレビューになってきました。

バス釣りといえば、ルアー。
ルアーフィッシングと言うとブレスオブファイアの釣りゲームぐらいの知識しか持っていないですが何か?

さて、本編です。
大会に出場し、バス釣りをしている主人公たちご一行ですが、なかなか釣れずにライバルにも嫌味を言われる始末。
そんなフラストレーション溜まりまくりのメンバーたち。
そんな主人公の背後から
「気分転換はいかがかな?」
九鬼様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
コートの内側には四次元ポケット、ルアーの山!
スゲェ存在感!
そして九鬼様は一行に釣りをレクチャーします。
まずは、澪ちゃんにレクチャー開始。
セーラームーンのマーキュリーも真っ青なメガネに内蔵された魚群探知機で魚の位置を確認し、ポイントを教えロッドの振り方までレクチャー。

そして、次なるポイントを教えますが、なかなか難しいポイント。主人公が何回かチャレンジしますが、なかなか届きません。
すると九鬼様、
「弾め!スキップしろと念じるんだ!」
「念じる…」
念じるだけで出来るなら欲しいロッド。まぁ、念じる前に闘魂注入されていますが。
そして、ロッドを振ります。
「スキップしろ!弾めぇ!」
主人公は必死で念じます。すると思い通りのポイントに飛んだのです!
やったネ☆武蔵!
「コツがわかっただろう」
「なんか指が勝手に!」
指が勝手にと言うのはどうなんだろうかと思いつつも、すっかり気分の良くなった少年に九鬼様はお目当ての少年が「僕にも良いポイントを教えて」という言葉に連れ去ろうと肩を抱きます。


この画像だけだと純粋な釣り少年をたぶらかす危ないおじさんに見える罠。

さらに、九鬼様は主人公に秘密兵器スケルトンルアーを渡します。
大丈夫、君ならできる。さあ集中するんだ、秘密兵器を信用するんだ
どこかの悪徳商法のような洗脳すら感じさせるセリフ。
「武蔵…おまえはスケルトンの虜だ。もう逃げだすことは出来ない」
新手のドラッグでも摂取さえたかのような…と続けようとしたが、全く持ってその通りだと思った罠。
「でかいー!でかいよー!おじさんやったぁー!」
その日一番の大物をゲットしてすっかり大喜びの主人公。
表彰台にてピースする主人公を見た九鬼様はというと。
これが勝利の味だよ!武蔵くん!!ハハハハ…
とにかくこの高笑いが聞けて満足だよママン!

そんな九鬼様。
テーマソングがあるようです。

モラルじゃない 俺の流儀
真実はこの手の中
ねらう今日を 勝ちとるのは
孤独との戦い
ルールじゃない 俺の流儀
誰の指図も いらない
時を待って すごい夢は
手ごたえで感じる


九鬼様はルールモラルも持ち合わせていないようです。


いやー…、笑わせていただきました。
こういうアニメの演出家はすばらしいなぁと関心するばかりですが、ルアーが光ったり、闘魂注入したり、水面が割れたりする過剰表現はまさにやったもん勝ちなので、もっとやれ。

初のレビューがこんなのでいいのかと心配なんですが、こんな調子でやっていきますのでよろしくお願いします。


漫画:「グランダー武蔵」 / 「ベイブレード―爆転SHOOT」 / 「爆走兄弟レッツ&ゴー!! 」
ビデオ:「スーパーフィッシング「グランダー武蔵」」
ゲーム:「グランダー武蔵RV」
CD:「「グランダー武蔵」スーパーフィッシング~ソング・コレクション」
| satoichi | アニメ | 17:42 | comments(3) | trackbacks(0) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/02 6:02 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/02 6:09 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2005/12/02 6:43 PM |










http://gyaoblog.cagami.net/trackback/172188
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ