GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< ハッスルマニア 2005 第2ハッスル 長州力、X vs坂田亘、マーク・コールマン(スポーツ) | main | 文化と人間 Vol.12(ドキュメンタリー) >>
ハッスルマニア 2005 第3ハッスル 鈴木健想with鈴木浩子 VS 和泉元彌with セッチー鬼瓦軍団AKIRA/ミスター鬼瓦(スポーツ)
★★★★★(1/15まで)

 和泉元彌だけはガチ。


 よく「プロレスは作り物だ」「八百長試合だ」などという者がいるが、そういう人こそ、この試合を見るべきだろう。作り物ではない、リアルな戦いがここにある。

 試合が始まっても和泉元彌は会場に現れなかった。当然である。和泉元彌は狂言の達人ではあるが、格闘は素人だ。本職のプロレスラーに敵うはずがない。怖くなって逃げ出したのだ。だが、それを誰が責めることができよう。僕たちだって、プロレスラーと戦えと言われればきっと逃げ出す。和泉元彌が来なくても当たり前だ。厳しいが、それが現実である。僕は和泉元彌の試合は見れないのは当然だと諦めたが、ほんの若干の寂しさを感じたことも、また事実だ。

 しかし、和泉元彌は現れた! しかも、上空から! 縄梯子で! 衣装は狂言の衣装である。プロレスラーとの真剣勝負は彼にとって死を意味する。まさに、和泉元彌は必死の覚悟で、死に装束として、このコスチュームを望んだのだろう。

 二人の激闘が始まった。圧倒的劣勢の和泉元彌。当然である。相手はプロレスラーだ。僕も画面を見ながら何度も叫んだ。「タオルを! 早くタオルを! このままじゃ和泉元彌が死んじゃう!」。しかし現実は非情だ。セコンドのセッチーは手拭しか持っていなかったから、タオルを投げられなかったのだ。

 何度も叩きつけられ、投げつけられ、ボロボロになっていく和泉元彌。「勝負なんてどうでもいいから、和泉元彌が死ぬ前に終わってほしい!」。悲惨な光景を前に、僕はもう、まっすぐ画面を見ることさえできなかった。だが、誰が想像しただろう。そこから和泉元彌は逆転したのである。最後は噂の空中元彌チョップ。聞きしに勝る凄まじい技だった。あんなチョップを食らったら、僕なら一発であの世行きだろう。

 プロレスラーとの真剣勝負を望んだ和泉元彌。そして、圧倒的劣勢から奇跡の大逆転を遂げた和泉元彌。和泉元彌の命を賭した戦いに、僕は感動の涙が止まらなかった。本当の戦いが、ここにはあった。


DVD:「「ハッスル」注入DVD」 / 「「ハッスル」注入DVD2」
書籍:「ハッスルMAGAZINE」
CD:「ハッスル音頭」
| cagami01 | スポーツ | 21:09 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/167004
和泉元彌、悪質駐車で逮捕に空中元彌チョップ!
狂言通用せず…元彌 悪質駐車で逮捕 (スポニチ:2005年11月26日06時01分) 公演ドタキャンやダブルブッキング、宗家継承問題など、トラブルには事欠かさない元彌が再び世間を騒がせることになった。 元彌は25日夕、都内で会見し「社会人としてあってはならないこ
| やっばり言いたい中年のひとこと日記 | 2005/11/28 10:57 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ