GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< 甲虫格闘 ムシファイト(バラエティ) | main | スピードグラファー #19(アニメ) >>
スピードグラファー #18(アニメ)
★★☆☆☆(10/28正午まで)

いや、たぶん今回のお話はターニングポイントなんだと思うんですよ。落合さんとかいう国会議員が登場して雑賀さんに協力を申し出てくれたし、しかも彼は、「白い鷲の会」という水天宮さんの陰謀をやっつけるための組織まで作ってるんです。強い味方じゃないですか。「こっから一気に反撃か!?」ってオーラでてるわけですよ。まあ、落合議員のダンディなヒゲ面は、まるで攻殻機動隊でマトリの強制介入班を率いていたゲイルみたいで、実に裏切りそうな顔してるわけなんですが、それでもここはきっと大事な一話なんだろうなって気はしてくるわけです。

にもかかわらず僕の目線は、物語そっちのけで、途中でホンのちょっとだけ登場する漁師のオッサンに釘付けです。このオッサン、雑賀さんと神楽さんを国外に逃がすためにわざわざ漁船を出してくれるという、実に親切な人なんですよ。しかも、二人がなにやら訳ありだと気付いてるのにですよ!?ナイスガイじゃないですか!?なのに、このオッサンの扱いったら酷いもんです。この後二人は、逃亡途中の漁船から拉致されるようなかっこうで東京に戻ることになるんですが、それは実は仲間の両国先生が二人を救うために手配したことだったんですね。普通ならここで、あの親切なおっさんに事実を伝えてお礼を言わなきゃとか、無事を伝えて安心させてやろうとか思うじゃないですか??人として、そう思うもんじゃないですか??

シカトです。完全に。

その後のオッサンの様子なんて一切無視ですよ。雑賀さんも神楽さんも、あのオッサンについては一言もないどころか、気にしてる素振りもなしですよ。二人を逃がそうと頑張った挙句に途中で襲われて、一人船に取り残された可哀想なオッサンは、もはや無かったことにされちゃってますよ。もう、こっちとしてはオッサンが気になっちゃって、その後の物語なんか知ったことじゃないですよ。

というわけで、僕はもうほとんどオッサンのことしか覚えてません。あのオッサン、今ごろは北の海でなにやってんのかなあ。。。


DVD:「スピードグラファー・ディレクターズカット版」
ゲーム:「スピードグラファー / ゴム怪人編(UMD Video) 」
小説:「スピードグラファー」
CD:「スピードグラファー ドラマCD ~大冗談・スピードグラファー~」
| thinkingreed | アニメ | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/119860
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

このページの先頭へ