GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

<< パニック・イン・ザ・ダーク(映画) | main | ワイルドライフチャレンジVol.4 野獣(ドキュメンタリー) >>
シャーク・ハンター(映画)
★★★☆☆(11/1正午まで)

脈々と作り続けられるサメ映画。ついに、古代深海巨大ザメの登場です!! 観るものを恐怖のどん底に突き落とす本作、『オデッセイ2001』『アイスランド』『パイソン』などのパニック映画の辣腕チーム・UFOが製作した、かつてないサメ・クライシス!! 仰天のサメ映像を実現です! ありきたりに陥らないエンディングも、余韻を残します。(GyaOより)

スピルバーグのジョーズを除くと、シャーク・パニック映画というのはとにかくストーリーがつまらないものが多い。「グラマーなオネェちゃんが調子にのっちまったせいで仲間が喰われ、けれども主人公とオネェちゃんは生き残って、最後に臆面もなくキスして終わり」というようなのがほとんどだ。「少しは喪に服せや、ボケが。」と言いたくなることもしばしばだが、この作品は違った。キャラクター設定や人間関係の描写がしっかりしていて、きちんと物語が成立しているので、最後まで飽きずに観ることが出来る。

あれだけ頑張ってサメと闘った主人公パーティーが全滅するいうエンディングにもなかなか驚かされるが、そこに至る過程の描き方も実はかなり凝っている。助かるための必死の努力、交錯する思惑、友情などを見せておきながら、それら全てが徒労に終わるという結末には少々人生について考えさせられるものがある(笑)←(そう、ここはたぶん笑うところだ)

とにかく普通に映画として面白い作品なので、サメ映画の下らなさに辟易している人でもそれなりに楽しめるのではなかろうか。


DVD:「ジョーズ」(サメ映画の金字塔) / 「ディープブルー」(サメが頭いい) / 「サンゲリア」(サメvsゾンビ)
書籍:「サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑」 / 「サメのからだ―立体モデル大図鑑」
| thinkingreed | 映画 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://gyaoblog.cagami.net/trackback/103893
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ