GyaO Review Blog[ギャオレビューブログ]

復活の日(映画)
★★★★★(9/1まで)

 軍が開発してた細菌兵器が漏れ出しちゃって、世界は見事に滅亡したんだけど、このウイルスが0度以下だと毒性を持たなかったため南極にいた人たちだけ無事だったというお話。

 で、無事生き残れたのはいいけど、祖国はなくなっちゃったし、食料も残り二年分しかないしでションボリしてた各国南極基地のみなさん。さらに悪いことに、アメリカで核爆発級のでかい地震が発生するみたいで、地震が発生したら自動報復装置が作動してアメリカの核がソ連にカッ飛んでいき、ソ連は報復で(なぜか)南極を狙ってくるので、生き残った人類も見事に全滅しちゃうので、まあどうしましょう、と展開します。

 アメリカの自動報復装置を解除すべく、主人公の吉住さんとアメリカ人のカーター少佐は、ウイルスに犯されたアメリカ本土へ、命を捨てて上陸することを決意します。南極基地でしめやかな送別会が行われた後、潜水艦に9日間揺られてやってきましたアメリカはワシントン。しかし、なんということでしょう。主人公たちが自動報復装置を解除しようとしたその瞬間、恐れていた地震が発生し、世界は核の炎に包まれたのでした。この時の主人公の気持ちはきっとこうだったに違いありません。

「ちっくしょううう、何のためにこんなところまで命がけで来たんだよ〜〜。ああああああ、送別会なんか出ずにさっさと出発すれば良かったー!

 誰が悪いわけでもありませんが、明らかに送別会のせいでした。結果論ではありますが、「こんな時のために取っておいた、とっておきの酒だぜ!」「飲みますぜアヒャー」とか言ってる間に出発しておけば、こんなことにはならなかったんですね。まったく誰が悪いわけでもないんですが、悲しい話です。

 最後は砕氷船に乗って生き残ってた女性や子供たちと、なぜか吉住が再会するんですが、一体彼らがどこで落ち合っているのかがさっぱり分かりません。あれが南極だとしたら、ボロボロの吉住は泳いで海を渡ってきたのかよって話になりますし。現実的に考えて南米あたりなのかな??

 そんな感じで、ラストシーンの意味不明さは納得いきませんでしたが、全般的には面白かったです。無線の使い方を知らないアメリカの子供のエピソードが一番印象的でした。しかし、小松左京映画は「日本沈没」といい、いつも「あらあら、まあ大変ですね」って感じで、何ら事態を好転させず、そのまま終わるんだよなあ。いや、でも、「復活の日」はそれでもワクチンができただけマシなんだろうか。

DVD:復活の日 DTSプレミアムBOX
| cagami01 | 映画 | 00:52 | comments(119) | - |
ガン×ソード #21(アニメ)
★★★★☆(6/24まで)

 一生懸命がんばって目標を達成しようとしている敵組織を、主人公チームやレイとかが寄ってたかって邪魔しようとしてるのが、変な緊張感があって楽しめました。対双子戦といい、「狙撃」のウェイトが大きいのもいいですね。

 ファサリナさんは前回あたりから変な人になってしまいました。前回のあれは、確実にミハエル兄さんを引き入れるための策だと思ってたんですが、どうも素で淫乱痴女だったようです。でも、やることはちゃんとやってるのが偉くて良いです。双子のせいで目をやられたフラグがあったので、「ファサリナさんの狙撃妨害はギリギリで間に合わないが、レイの目がアレなので当たらなかった」展開を予想していただけに良い意味で裏切られました。双子の存在が軽くなったのは問題だけど、ファサリナさんが「役に立つ幹部」として、ちゃんと働いたことの方を評価したいです。


| cagami01 | アニメ | 00:28 | comments(1) | - |
MURDER PRINCESS #01(アニメ)
★★★☆☆(6/17まで)

 幼女(ロボットだけど)のロケットパンチで人体貫通→即死な辺りは新しかった気がします。前半はまあイイんだけど、しかし、後半の二人の体が入れ替わってからの展開は説明不足が否めません。二人とも素早く順応しすぎだし、お付のガイコツも物分り良すぎだし、王女の体でいつもと同様に動けるのもアレだし(まあこれは許容範囲かな)、王女の頼みを一度断ったのに、その後良く分からない理由(私の体を自由に使ってー)で結局頼みを引き受けて、それなのに王女として帰還してる流れも良く分かりません。でもまあ、王女として帰還して国王軍を率いて、反乱軍を征討するところまで「国を救う」行為のセットと考えるなら、ちゃっかり王女に成りすますのもアリなのかな。だとしたら、そこは少しくらい説明して欲しかった気もする。それにこれ、普通王位返してくれないよ。「実は私が王女なんですー」とか言ってもみんなも納得しないよ。ファリスが反乱軍よりまともな政治をする保証はないよ。

 しかし、ファリスは王女の頼みを断ってどうする気だったんだろう。断るのはともかく、自分の元の体をどうにかしたいとか思わなかったんだろうか。あの一瞬で「元の体はイイや」と諦めたってのも納得いかないしなー。そのせいで「とりあえず一度断らせておこう」みたいな製作者の意図が見えてしまったのも残念。

 そんな感じで色々と納得できないハイスピード展開でしたが、OVAだから仕方ないのかもしれません。音楽は良かったです。


GyaOのページ:http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0036262/
| cagami01 | アニメ | 13:19 | comments(0) | - |
ガン×ソード #20(アニメ)
★★★★★(6/17まで)

 自分の知らない間に「お前の兄ちゃんは悪魔だー」と妹に変なコトを吹き込まれちゃったミハエル兄さんですが、変な誤解が広まるのかなーと思ったら、すぐさま直々の交渉に来ました。今回の話で組織の目的が判明し、カギ爪さんが普通に良い人だと分かったので、それを背景にしたミハエル兄さんの説得はとても真心に溢れたもので良かったです。まあ、ヴァンはあの性格だから交渉の余地はないけど(ミハエル兄さんの「あの男は放っといてもいい」は正しい認識だと思う)、あの説得ならウェンディは転んでもおかしくないしなー。ミハエル兄さんからすれば、「なんでお兄ちゃんが信じてって言ってるのに、お前はあの変なタキシードを信じるん?(´・ω・`)」って感じだろうなあ。

 しかし、カギ爪さんの目的が思った以上に真っ当なものだったのでビックリです。ちょっと、ヴァン御一行はもう少し熟慮した方がいいんじゃないですかね。エルドラVの御老人方は明らかに何も理解してなくて脊髄反射してて幻滅。まあ、そういう老人方ではあるんだけど……。少なくとも今回の彼らの説明を聞く限りでは、カギ爪さん組織の方が正しいように思えるのになー。ヴァンたちの「知らない人が入ってくるなんてイヤ」ってのは、武力を持った強者の理屈で、虐げられてる人々からすれば、「ナニが入ってきてもいいから、安定した平和な生活を!」って思うだろうし。復讐しか頭にないヴァンは色んな意味でタチ悪いぜ。

 もちろん、ヴァンたちがあの説明を素直に信じるのも、それはそれで問題なんですが(敵が客観的に見て正しい目的を述べていてもそれが真実とは限らない)。カギ爪さんが本当にその目的で動いてるのかは最後まで分からないですし、そもそも、あの通りの目的だとして、なんで途中経過でヴァンの花嫁やレイの花嫁を殺害したのかも分からないので、もう1ステップくらい何かありそうな感じです。


GyaOのページ:http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0028023/

| cagami01 | アニメ | 23:57 | comments(0) | - |
ガン×ソード #19(アニメ)
★★★★★(6/10まで)

 どうしよう……、エルドラ后吻犬世韻鼻砲出てきただけでウルウルしそうな自分に驚いてます。主人公格が脇役の一人として頑張ってる状況に泣けちゃうのかな。スパロボみたいなもんなのだろうか。

 レイの狙撃は良いですね。狙撃がこれほど活躍できるアニメってなかなかないと思います。ビバ、狙撃! その分、ヴァンの活躍がよく分かんなくなってるけど(ツノ折っただけ?)、狙撃がカッコ良かったからOKです。いいなあ、仲間が強敵と戦ってる間にカゲでこそこそ狙い撃つって最高だ。ゲームだと、僕は好んでそういう戦法を使うので、バリバリ共感できますよ。
 
 あと、冒頭のヴァンたちのお食事シーンがキャバクラっぽかった。ヴァンが席につくと、すぐにプリシラが横に座るあたり。


GyaOのページ:http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0028022/

| cagami01 | アニメ | 13:02 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

このページの先頭へ